本気でこのシミをどうにかしたいんですけど。


シミを隠すために有効なこと

2015/11/30 10:28

私は若いころからかなりたくさんのシミがあります。たぶん、学生時代に野外スポーツをやっていたのですが、その頃にきちんとケアをしなかったのが原因だと思います。シミが気になるようになってからは、ケアをしてこれ以上増えないようにしてきたつもりですが、年齢には勝てず、やはり少しずつ増えてきてしまいました。はじめは、シミを消すように食べ物に気をつけてみたり、高い化粧品を買ったりもしたのですが、あまり効果を実感できませんでした。そのうちに、なんとかして隠すことができればと考えはじめたのです。

そこで私が試したのが「コンシーラー」と「ファンデーション」の塗り方を極めることです。コンシーラーはいろいろなタイプのものを試してみましたが、柔らかすぎると、お化粧が落ちてきたときに、余計に目立つことがわかったので、流れ落ちないような少しかためのものを使うようにしています。ファンデーションも、本当は乾燥肌なのでリキッドタイプを使いたいところですが、シミを隠すことを最優先しているので、パウダータイプを選んでいます。また、コンシーラーやファンデーションで隠しきれない部分については、ラメ入りのファンデーションを活用して隠しています。ラメ入りを使うことによって、シミによる肌のくすみや暗さを解消してくれます。このように、シミを消すのはむずかしいことですが、隠すことは意外と簡単ですし、たくさんの方法があります。諦めないことが大切です。

シミなんとかしたい | シミを隠すために有効なこと はコメントを受け付けていません。

オバジはシミだけでなく総合的にケアしてくれます。

2015/11/16 10:28

いろいろなラインが出ているので、シミ以外の症状や悩みに応じてアンチエイジング用やローション等ラインで揃えるともっと効果が上がると聞き、私は最初はローションとオバジC10セラムを使用しました。
ローションを塗った後、オイルのような美容液を気になる部分に数的塗込みます。
優しくマッサージしてサラッとしてくると肌に馴染んだ証拠です。
さて、実際オバジを使用した効果ですが、塗り始めて2日位経ってから気づいたのですが、もとも私は脂性肌でテカリや毛穴が気になっていたのですが、毛穴が小さくなったようなきがしました。肌のハリも出てきたような気がします。
肝心のシミですが、まだ効果はありません。肌の周期が28日と言われているので、
頑張って使い続けました。
日中はなるべく日傘等で日に当たらない様にし、夜はオバジでケアの毎日です。
2週間くらい経ってからオバジピーリングV10エッセンスを買い足しました。拭き取りのエッセンスで、コットンで馴染ませた後拭き取ります。拭き取った後のコットンが黒くなるのは驚きでした。使用後は肌が柔らかくなり、1段階明るくなりました。
大人ニキビ少なくなってきた様です。
1ヶ月くらい経ってですが、完全には消えないものの、だいぶ薄くなってきたました。なんといっても、友人等に「肌が明るくなったね」と言われたのはうれしかったです。

シミだけでなく大人ニキビやハリにもきくのでこれからもリピートして使って行こうと思っています。

シミなんとかしたい | オバジはシミだけでなく総合的にケアしてくれます。 はコメントを受け付けていません。

シミが遺伝するケース

2015/11/09 10:28

シミは遺伝することがあります。
シミというと、ポピュラーな原因は紫外線です。紫外線を浴びることで作られる色素は紫外線が体内に入り込まないようにガードしてくれていて、役目を終えると排出されるようになっています。ところが、色素の生産と排出のバランスが崩れて生産が排出を上まわってしまうと色素が残ってしまいます。これがシミです。
よって、シミができないように日焼け止めなどの紫外線対策をするわけですが、遺伝の場合どんなに対策を講じてもあまり生じることがあります。
では、どんなケースが遺伝性なのかというと、そばかすです。

頬のあたりに点々とできる、ほくろよりは薄い、茶色っぽい色素のことです。
紫外線が原因で引き起こされるそばかすもありますが、遺伝性のものもあるのです。少なくとも、わたしはそうでした。
できたのは10代のころで、母は母の若いころもそうだったと言っていました。日本人は黄色人種とカテゴライズされるだけあって白人ほど肌が白くないもののどちらかと言えば色白だったわたしは紫外線に弱くそばかすができやすかったのです。そして、その体質は母譲りだったということでもあります。

そばかすは可愛らしい印象を与えることもあるとはいえ、気になる人にとっては悩みの種にしかなりません。がしかし、遺伝性の場合、自然と消えることがほとんどです。これについても、わたしはそうでした。
とはいえ、遺伝性でもシミの仲間であるそばかすが紫外線を浴びると濃くなる可能性もあるため紫外線対策はするべきですし、シミを予防改善する美白化粧品も無駄ではないと言えます。

シミなんとかしたい | シミが遺伝するケース はコメントを受け付けていません。

敏感肌用のUVクリーム一覧【敏感肌の女性向け美白コスメ】

2015/11/09 10:27

UVクリームで敏感肌用のものを紹介しています。UVクリームにも紫外線吸収剤や紫外線散乱剤使用のものなどがあります。肌が弱い敏感肌の方は、刺激の弱い紫外線散乱剤のUVクリームを選ぶようにしましょう。また、日中のUVクリームによる紫外線対策も重要ですが、さらに大事なのは寝る前の美白ケア。UVクリームをつけていても、時間が経って汗をかくことでクリームが取れてきてしまったり、付けムラなどでクリームが薄い部分があったりします。特に敏感肌の方はUVクリームだけでは十分な紫外線対策とは言えません。仕事から帰宅して寝る前には必ず美白ケアをする習慣をつけましょう。敏感肌におすすめの、日中の紫外線ダメージを軽減し、保湿もできる美白化粧品を紹介します。

シミなんとかしたい | 敏感肌用のUVクリーム一覧【敏感肌の女性向け美白コスメ】 はコメントを受け付けていません。