車がラブなんです。


本当に乗りたい車は実用性が低い?

2016/06/10 05:52

男女共に車好きの人は多いですね。
年齢も若い方だけでなく、年配の方も車にコダワリを持っています。
街中で運転中、思わず振り向く車は偶にあります。
興味のない人でも、実車を見て可愛いやカッコいいを呟いてしまいますね。
その中で、ビンテージカーは車好きの女性が憧れるジャンルです。
現在、殆ど見かけ無くなった車。

VWビートル、旧型ミ二、そしてフィアット500。
これらは、アニメや映画で度々出て来る名車ですね。
旧型ミニ(ローバー)は日本でも販売実績は多く、現行のBMWミニが販売されるまで親しまれました。
マニアは現行ミニでは無く、旧型ミニに憧れ乗りたいんです。
しかし、外車の宿命!?トラブルは多かったみたいです。
オーナーの話を聞いていると、そんなトラブルも可愛いそうです。

踏み込めない領域だなと感じますね。
外車のトラブルを回避し、カッコいい車を物色すると国産スポーツカーが候補に上がります。
スポーツカーも、車好きジャンルの1つですね。
スカイライン、トヨタ86、フェアレディZ等はシビレをます!
6速ミッションを操る、自分に酔いしれそうです。
このジャンルは、数回乗った事があります。
素直に楽しい車です!

ただ、一般道で6速まで入れるチャンスが殆どありません。
私のテクニックも大きく関係しますが、信号待ちは多い所はかなり厳しいですね…。
こんな時、オートマの恩恵を感じます。
オープンカーも欲しいジャンルなんですが、幌の収納や防犯性に疑問を抱いてしまいます。

本当は、セコイ事言わず語った車は全部欲しい!
全部乗りたい!といつも心のなかで叫んでいます…。

寂しいですね。

車ラブ | 本当に乗りたい車は実用性が低い? はコメントを受け付けていません。

comments&trackback