車がラブなんです。


50周年のトヨタカローラを静岡市で車買い取りしてもらう

2017/09/30 08:17

世界の大衆車であるカローラが50周年を迎えました。今はアクシオという名前が付いていますが、カローラはトヨタのベーシックカーの座を守り続けてきました。カローラは80点主義などと言われますが、これは飛び抜けた性能がない代わりに、足を大きくひっぱるような欠点もない、多くの人がまずまず満足するクルマということを指して言われた言葉です。しかし個人的には、格安な価格の中にできる限りの性能を盛り込んだクルマであると思っています。

2006年に登場した10代目カローラを所有していたのですが、ちょうど10年10万キロに達した時点で売ることにしました。アクシオというサブネームが付いたのですが、別にサブネームなど無くても良かったのにと思っています。カローラばかり乗り継いでこれで3代目だったのですが、新車の乗る度に良くなっているのがわかります。エンジンはこれまで1.5Lに乗っていたのですが、はじめて1.8Lに変えました。やはりトルクがあるので、力強さが大きく増したと感じました。

10年10万キロは買い替えのサインと思っているので乗り換えることにしたのですが、買い替えた新車は燃費の良いプリウスです。少しデザインが目立ちすぎると感じましたが、燃費の良さの乗り心地の良さで決めました。カローラは初めは静岡市駿河区にある車買い取り店で査定してもらう予定でしたが、友人に聞いたネットの一括査定サービスを利用することにしました。私が利用したかんたん車査定ガイドでは、一番高い査定額で6万円の買取価格がつきました。カローラで高額買取は難しいようですが、それでも下取りの倍だったので買い取ってもらうことにしました。

車ラブ | 50周年のトヨタカローラを静岡市で車買い取りしてもらう はコメントを受け付けていません。

comments&trackback